嬉しい報告

21日に生徒のゆみちゃんに赤ちゃんが生まれました(⌒▽⌒)
元気な男の子です!

成長が楽しみ(*^^*)

おめでとー

意識と無意識

この前なんとなくついていたテレビから聞こえて来た言葉に耳が反応した。
テレビは見ていた番組が終わり、そのまま次の番組になっていて、どこのチームだか覚えていないサッカーの試合だった。画面を見ずに私は作業していた。
その言葉はどこかの監督が言った言葉だとアナウンサーが言っていた。
「意識する事を何度も何度も繰り返す事によってようやく無意識にできるようになる。それが大事なんだ」というようなものでした。
うお〜〜〜〜〜〜〜
まさにその通りよね〜〜〜!!!!
ダンスも同じ!うんうんうん!!

「あたりまえじゃね〜〜〜」なんて言われそうだけれど、しっかり言葉として耳にすると改めて納得する。

ダンスはしつこくしつこく色んな事を意識しながら基礎を繰り返す。どんなプロも毎日毎回集中してしつこく繰り返す。それが無意識で出来るようになる唯一の方法だから。
舞台の上では「パッセはこうで」とか「肩下げなきゃ」とか「ここでつま先を伸ばして」なんてやってる場合じゃない。舞台の上では表現の世界にどっぷりいるのが理想だから。
ま〜現実には決められた位置を守ることもあるし、舞台上での決まりが常に頭にあるからどっぷり表現の世界とは行かないけれど、できるだけどっぷりになりたい。
その為には意識せずに出来る事が多い方がいい。

そうなるために日頃のレッスンで

つま先は?膝は?足の向きは?体の芯は?重心は?頭の位置は?腕の使い方は?引き上げは?さ〜今気にするのはどこ????常にあっちこっちに意識を向ける。
ひたすら辛抱強く…!
めちゃくちゃ頭をつかう。集中力はんぱない。
その割になかなか結果が出ない。自分が駄目な奴だと凹む連続。しかも終わりなきその作業。
飽きたり、面倒になったり、「も〜〜や〜〜めた〜〜」となる人はとても多い。

でもね、

必ず変化は起きてるのです。毎回毎回必ず。その変化を感じようとする作業が実はとっても面白い!!
感じて「じゃあどうしたらいいか?」と考え実験していく事は、まるで推理小説の謎解きをしている様だと私は思うのです。
そして、ある日突然「おわっ」と自分の変化に気づいたときの嬉しさと言ったら!!!
それを味わいたくてもっと意識する事に取り組む。
その繰り返し。
そしてダンスの世界にはまっていく。そして少しづつ無意識に出来る事が増えていく。

インストラクターは意識することを伝える事が大切な任務
意識…
体のあちこちを意識する事からそれは始まり、
曲を意識する事、心の状態を意識する事、表現の世界を意識する事、踊る空間を意識する事、ペアなら相手を、群舞なら他の皆を意識する事、お客様の雰囲気や呼吸を意識する事…
意識する事だらけ。

こうやって言葉にするとすっご〜〜〜くめんどくさいものみたいに感じるけれどね。
そのぶん、すっご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く面白いものなのです。
それを伝えるのもインストラクターの任務!!!ですね

布団と猫と年賀状

さむいな〜と思って目を覚ましたら毛布だけになっていた。掛け布団は下の方へ。
その原因は、我が家の猫殿が私の足下にドッスリと寝ていて、その重みで掛け布団が足下の方へ引っ張られていたから。
寒いって〜〜と掛け布団を引っ張り上げようとしたけれど掛け布団は猫殿の重みでびくともせず。
何度かチャレンジするも変わらず。猫殿は知らず存ぜぬと微動だにせず。
呼んでもこっちを見もしない。足の指でツンツンしても無視!ならばと足で揺すってみるが全くもって動かない。
そうなると私の完敗である。
かろうじて動く毛布を引っ張りあげ、足を猫殿の寝てる下へモゾモゾと忍ばせる。
それでも動かない猫殿。
「おまえ〜〜〜〜」と文句をいってみる、でも、ま〜〜猫たんぽで足があったかいからいいか〜〜〜

そんなここ最近の朝。

さて一月も後半戦!いや〜〜〜〜また誕生日に向けてのカウントダウンが始まってしまった。
誕生日が嫌いになったのはいつからだろう!は〜〜〜あ〜〜〜〜
さっき今年送られて来た年賀状を整理して見返していた。
「結婚しました」「赤ちゃんが生まれました」という生徒さんからの便りの多い事。
同級生から多かったのが「子供が高校生になりました」
へっ??高校生??まじか!いや、そーか、そーよねー、そんな歳だわね。
もうすっかりみんないい大人だわね〜あー私もかー同級生なんだから…

でもね、世間からしたら大人だけれど、気持ちは若造なのよね。まだ…
もうすぐ私は又一つ大人になる…。





行った年来た年

あけましておめでとうございます
皆様どんなお正月をお凄しですか?
私は年末にひいた風邪のお陰で、初詣もない!アルコールもない!しずかーな年越し&お正月です。

ゆうべは38度後半の熱の中、どうしても紅白の明菜ちゃんと中島みゆきさんとサザンが観たくて、早く寝れば良いのに、冷えピタしてマスクして、自分の吐き出す息の熱さで眼鏡が曇って、それをぬぐいハフハフ言いながら鑑賞。
若かりし頃髪型や服装を真似したぐらい大ファンだった明菜ちゃん。
最初の会話の様子からすごく頑張ってかなりの覚悟で出てくれたんだな〜と言うのがわかりました。それでも歌っていくうちにどんどん出てくる現役時代と変わらないオーラ。
あ〜この人は本当に歌う事が好きな歌手なんだな〜と思いました。

意味有りげなチョビヒゲで登場のサザン。あの選曲は色々物議をかもしだしてますが「何かやらかしてくれるだろう」と期待していた私は「ナイス〜〜〜!!」と思いました。いろんな制約やプレッシャーがある中でさらっとやってしまう、そこが実にかっこいい!!!

そしてそして中島みゆきさん。
彼女も私の子供の頃に影響を与えてくれた人でした。
まだ恋だの愛だのわからない年でしたが彼女の歌詞と歌声に惹かれ、彼女の歌詞を綴った本を愛読書にしてました。彼女の唄を他の歌手の方が歌われますが、中島みゆき本人が歌うと一気に唄そのものの意味が見えてきます。
あの説得力ある歌声、すべてを打ち破ってストレートに心にぶつかって来るすごさ!!
画面を通してあれだけ伝わってくるのだから、生で観たらどれくらい凄いのだろう?偉大だと思いました。
今回紅白を観ていてビジュアル的に面白かったり、かわいかったり、かっこよかったり、曲が耳に残るフレーズだったり色々あるけれど、それはそれで良いとして
でもやっぱり歌う事によって何かを伝え聞く人の心に何かを芽生えさせる、心に響く歌を歌う人が本物の歌手だな〜と私は思いました。
踊る事によって何かを伝え観る人の心に何かを芽生えさせるダンサー、私はそんなダンサーが好きだし、そうでありたいと思います。

さて、去年の私の一年は漢字一字で現すと「挑」でした。「桃」じゃありませんよ〜「挑」です。
私なりに地味に挑んでいた年でした。
踊りの面だけでなく体の面でも二回の手術に「挑」でした(恥ずかしいくらい小さい規模のですけれど)。
今年はどんな年になるかな〜〜。ひとまずこの風邪を早く治して年明けの一杯をやらないと2015年が始まらないような。

2015年、皆様にとって幸多き年になりますように。
今年もよろしくお願いいたします。


ブログ内検索

12 | 2015/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
発信源

324

Author:324
324=藤崎光代
HAND-CLAP DANCE GYM主催
ダンスインストラクター
tap/jazz/ballet/hiphop.lock/Jr.tap/
Jr.dance/テーマパークシアターdance/主婦中高年の体矯正/
入門~プロまで入学見学自由。
詳しくはリンクからHPへどうぞ
東京都江戸川区南小岩7-7-16
03-3658-0394

ココにきてくれた方
PCからのみのカウンターです。
UP
Calendar
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
324のお気に入り

Category
最近のコメント
友達にこのブログのURLを教える
友達にこのブログのURLを教える
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
飛んで見るべし
過去ログ