またお別れの時

今日で今期の学校の授業がおわりました。
もーねー、淋しすぎる!😭学校だから仕方ないのだけれど一気にみんなに会えなくなるのは本当にさみしいのです。
今期のみんなは、きっとそれぞれにいろんなことがあっただろうけど、クラスでの浮き沈みがあまり無く、常にレッスン受けます!という姿勢でのぞんでくれて、毎回気持ちよく授業させてもらいました。
毎回楽しかった☺️
最終日の今日、出席率よく最後の日にみんなの顔が見れて良かった。
そして、みんなからも金曜日に学校に行くのが楽しみだったと聞いて、もー涙出そうでした。
一人一人の口から出てくる言葉はどれも、あー真面目にレッスンに取り組んでくれてたんだなーとわかるもので
そういうクラスを発信できてたことにホッとしました。
ほか、私、みんなの空気をかんじてるつもりでいて、ガンガン体へ追求タイムに入って行ったり、1人でつっこみとぼけをやってる所があるから、
みんながおいてかれてたり、あきてたり、引いてたらどうしよーとかおもってたりしたわけで。

みんな、それぞれが今後いい人生を歩んで欲しいです。

20代はがむしゃらでいい。興味あることはどんどん体験して欲しい!
失敗も必ず糧になるから怖がらずに、迷ったらやったほうが絶対にいい!そのうちね、なんて言ってたらやれなくなってしまうから、すぐ行動。

30代になった時、それが種になって根が張って芽が出ていきます。
だから20代はいっぱい種を蒔くために経験すべき。

一つとても大事なのは何事にも誠意をもつこと
それはやるものに対しても、人にも、自分自身にも。そして、その環境に感謝する。
その誠意と感謝は違った形に姿を変えて
出た芽を育ててくれる肥料になり、水になり、太陽になるからです

と、ちょっと悟った人みたいなことを書いちゃいました。
私もまだまだ種を蒔き続きたいです。




ジュニアクラスのママパパに。

久しぶりの更新となってしまいました。
気づくと秋を通り越して冬、猫が丸くなっている。いやー寒い!でもまだヒーターに頼りたくない!そんなここ最近です。
さて、スタジオは発表会リハーサルが始まり、スタジオの中は除湿機、クーラー、扇風機をフル回転!
生徒さんによっては週の半分以上リハーサルで部活のようにスタジオに来てたり、週末1日スタジオにいたりとそれぞれ頑張っています。
学校が、仕事が、子供が‥それぞれ忙しい中でのリハーサル。インストラクターもそれが分かっているから出来るだけ効率よくリハが進むよう考えてるので、時間内はガッと集中してみんなで頑張っていきましょう。

さて、私の担当ジュニアクラスは9月から徐々に発表会のリハを始めています。
毎週増えていく振り付けについていけない子がいます。
これは発表会のたびの毎度のことなのですが、毎回思うのは、クラス以外のところでどれぐらい練習するか、どう練習してくるかが本当に大事だということです。
通常のクラスでも、お家で復習したり毎日柔軟や基礎練をしてたり、次のクラスの時に気をつけることを気にしてみたりしてる子は確実に変化が見えて来ます。
でも、注意されたことをすっかり忘れていたり、ボーッとクラスを受けるだけの子は一向に変化が現れません。
その違いはしっかりと大きな差となっていきます。
今回、テーマパークジュニアにおいて「発表会頑張ろうノート」というのをやり始めました。
内容はレッスンの後、ついた振り、変わった振りを書く。注意されたこと、する事を書く。曲を聴いた回数、練習した回数を書く。質問があれば書く。などをノートに書いて次回提出してもらうというもうのです。
まだ三回ですがこれが実に興味深い。

まず、クラスでの理解力がわかります。
ついた振りを「手をクルクル回す」とだけ書いてる子と、どのカウントまたは歌のところでどちらの手をどの位置でどっちの方向にクルクル回す、とまで書いてる子。
ついた振りを全部書いてる子と印象に残ったところ一つだけ書いてる子。
注意された事には、「おなか注意されました」とかく子と、どの時にどこをどのように気をつける、と書く子。
そして、細かく書いてる子ほど練習回数が多いのです。
細かくかける子は自主的にノートが無くても考えたり練習できる子です。
私がこのノートを始めたのはそれができない子にお家で振りを思い出すきっかけ、練習するきっかけになる事を願ってです。
低学年の子は書き方がわからない子もいます。
こうすると良いよ、ここはもっとくわしくかいてみよう!そうして3回目。
全く変わらない子もいます。どんどんよくなっていく子もいます。

ジュニアクラスのお母様お父様にお願いです。
一つの目標に向かう過程で子供たちは葛藤します。
一斉についていく振り、みんなで作り上げる作業に練習の方法が分からず、ついていけない子も出て来ます。
クラス内では各先生が全員に向けてフルで力を注ぎます。でも1週間に一回では追いつかないのです。
そして、さっき書いたように練習できる子としない子、理解してる子とそうでない子、で違いが出てきて劣等感が生まれて来たりします。
そこでお母さんお父さんの力が必要です。
「どんな振りなの?踊って見せて?今日はどういうところを注意されたの?動画撮って見てみようか?」と、とにかく興味を持って欲しいのです。お家に帰って復習することは一番の練習方法です。それをできるようきっかけを作って欲しいのです。
作品の曲を家でかける習慣をつくる、1日何回か親子で踊る。などなど。
それがどれほど子供達のやる気や嬉しさにつながるか。
子供たちはママパパの喜ぶ顔でたくさん頑張れます。
そして、リハーサルの雰囲気を是非覗きに来てください。


ブログ内検索

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
発信源

324

Author:324
324=藤崎光代
HAND-CLAP DANCE GYM主催
ダンスインストラクター
tap/jazz/ballet/hiphop.lock/Jr.tap/
Jr.dance/テーマパークシアターdance/主婦中高年の体矯正/
入門~プロまで入学見学自由。
詳しくはリンクからHPへどうぞ
東京都江戸川区南小岩7-7-16
03-3658-0394

ココにきてくれた方
PCからのみのカウンターです。
UP
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
324のお気に入り

Category
最近のコメント
友達にこのブログのURLを教える
友達にこのブログのURLを教える
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
飛んで見るべし
過去ログ